Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

黙祷とは結局どんな意味が?宗教との関係は?ツイートでの黙祷って…


東日本大震災から3年目となった先日3月11日には、震災被災者を偲んで全国各地で黙祷が行われましたね。

ネット上でも、Twitterで「黙祷」をしましょうとか、逆にツイートしないようにしましょうとか、当日よりも前からいろいろ騒ぎになっていました。

結局、14時46分には瞬間ツイート54906件を記録し、かなりの人が「黙祷ツイート」をしたようです。

 

そこで今回は「黙祷」をテーマに、黙祷の意味や宗教との関係について、ツイートでの黙祷とはどうなのかについて考察してみたいと思います。

 

黙祷とは結局どんな意味が?

「黙祷」をいろんな辞書で調べてみると、大体の辞書で「無言のまま、心の中で祈ること」という解説になっています。

字のごとく「黙って祷(祈)る」ですから、当然といえば当然ですね。

 

当ブログの管理人は、辞書の意味をみるまで意外だったのですが、「目をつぶる」という行為については特に指定がないようです。

ただ、ずっと目を開けておくのも変なので、見た目だけを考えると実際には目をつぶっておいた方が自然かもしれませんが。。。

 

黙祷が普及し始めたのは、1923年9月1日に発生した関東大震災の被災者に対する、1年後の慰霊祭が始まりだそうです。

その慰霊祭で、地震発生時刻の午前11時58分に合わせて黙祷を捧げ、それが全国各地の事故や災害などに対して黙祷を捧げる習慣として普及したんだとか。

そういう経緯があるので、「祷る」については明確で「被災したことを思い出してご冥福をお祈りする」のが正しいでしょうね。

 

宗教との関係は?

黙祷の歴史的な経緯から言っても、宗教とはほぼ無関係ですね。

 

胸の前で十字を切るキリスト教の祈り方や、イスラム教の礼拝の方法とは全然違いますし、(釈迦の教えに忠実とされる)原始仏教に至っては「祈る必要がない」という考えですから。。。

 

逆に言えば、黙祷というのは宗教に比較的寛容な日本だからこそ発生した文化・習慣かもしれませんね。

 

ツイートでの黙祷って…

Twiter上に限らずですが、「祈り」については各々の方法ですればいいと思います。

(これも日本的なんでしょうけど。。。)

 

ただ、ツイートって「(鳥の)さえずり」から来てて「つぶやく」と和訳されることも多いので、単純に「黙ってないじゃない」とは感じました。

特に、分単位まで時間が指定されている全国行事(?)はTwitter上でお祭り騒ぎになりやすいので気持ちは分かるんですが。。。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です