Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

アルジェリア機も撃墜か?地対空ミサイルの普及で空が危険地帯に


現在、原因究明中のアルジェリア航空機墜落事故。

もし何者かによる撃墜なら、地対空ミサイルがテロ組織に普及していることになり・・・

「ザ・ボイス そこまで言うか」7月28日放送分(勝谷誠彦氏)

 

地対空ミサイルの普及で空が危険地帯に…

まずは、「アルジェリア航空機が墜落について現在フランス政府が原因究明を急いでいる」という現在のニュースを踏まえた上で概要を・・・

  • アルジェリア機が墜落した地点では、高度10,000メートルを飛行している地点のはず
  • 高度10,000メートルを飛んでいて天候による墜落はなかなかあり得ない
  • しかも飛行機の残骸がバラバラ・・・
  • 非正規の軍隊やテロ組織に、ブークの様な高度10,000メートルの飛行機を落とせる地対空ミサイルが普及している可能性がある

戦闘地域だけでなく、治安が悪い場所の上空を飛ぶのが危険と言うことになりつつあるのかもしれません。

航空会社にとっては災難としか言い様がないですが、航空会社を選ぶ際には治安状態を常時観察して安全な飛行ルートを選択してもらえる会社を選ぶ必要がありそうです。

安易に選択すると文字通り「命の危険」にさらされる事になるかもしれませんね。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です