Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

中国の上海福喜の食品偽装事件が米国の法廷にも波及?


中国の上海福喜が起こした食品偽装事件が米国の法廷にも波及する可能性が?

「ザ・ボイス そこまで言うか」7月28日放送分(勝谷誠彦氏)

 

上海福喜の食品偽装事件が米国の法廷にも波及?

まずは概要を・・・

  • 上海福喜の親会社はアメリカの食品卸売大手のOSIグループで、在庫商品の回収に乗り出した
  • 今回被害を受けたマクドナルドが、米国でOSIグループに対して訴訟を起こす可能性あり
  • 現在、OSIグループは戦々恐々になりながらも可能な限り事態を収拾させようとしている
  • 中国国内では、外資系だから事件が発生したとの論調になりつつある
  • しかも上海閥は習近平国家主席とライバル関係にあるので・・・

単なる中国国内の話に留まらない可能性が出てきましたね。

中国に手を出すとこうなるという事でしょうか。

 

一方で、外資系の上海福喜はまだマシな方で、国内企業はもっと食品管理がずさんという話も・・・

 

もはや無法地帯ですね。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です