Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

【ハンターハンター】第343話「勧誘」のあらすじと感想と予想


二人が欠員となった十二支ん。

当分は特に埋めることはないだろうと思っていましたが、意外な二人が参入することになりましたね。

また、前回のジンとパリストンとの会話で出た「キメラアントを使ったパリストンの陰謀」について、早くも解決編となりました。(笑)

まだまだ導入部分ですが、かなり展開が速いですね…

(ネタバレ要素を含みますので、未読の方は読んでから進む事をオススメします。)

 

第343話「勧誘」のあらすじと感想と予想

まずは、今回のあらすじから…

  1. レオリオが十二支ん入りし、医療チームとして暗黒大陸に同行
  2. ジンがパリストンの陰謀を解説
  3. ビヨンド組のNo.2にジンがなりそう
  4. クラピカが緋の目の保持者の情報を見返りに十二支ん入り

今回は、特にいろいろ展開がありましたね。

 

レオリオの参入

前回の会長選挙編で大活躍だったレオリオ。

ジンが「あれは伸び代デケーぞ」と持ち上げていただけあって、今回も活躍しそうですね。

(同時に、この記事でも言及したゴンの登場の可能性が下がっていく感じも…)

 

意外な点は2点。

一つめは単純にチードルが医者だったのが意外でした。(笑)

もう一つが念能力的に低いレオリオを評価して、十二支んにまでした事です。

今回の件を成功させるためだけなら「暗黒大陸に同行して欲しい」とだけ要請すれば良いはずなので、念能力を含めた個人的な能力を無視して動員力を将来的にも利用したいという事でしょうか。

 

別の作品ですが、ワンピースでバギーが七武海入りしたのと類似していますね。

(最近、ウソップが「神」になってますし…笑)

 

ハンターハンターではどういう展開になるのか、今後も楽しみです。

 

パリストンの陰謀とジンの実力

陰謀の詳細は本編を読んでもらうとして、パリストンのこのセリフ…

僕は人に憎まれると幸せを感じ

愛しいものは無性に傷つけたくなるんです

この「価値観の反転」がパリストンの強さの秘訣ってことですね…

 

もう一つ、ジンは最強キャラ候補らしくかなり強い事がわかりましたが、同時にジンの見立てではNo.2は人形少女だったようですね。

しかも黒いオーラを出してる所から「呪いの人形少女」のようです。(笑)

「一番弱そうなのが実は一番強い」というギャップを出す法則に当てはまっていますね。

(板前はイキナリ噛ませ犬に…)

 

クラピカの参入

かなり久しぶりの登場ですね。

説得するのは難しそうだったので当分は登場しないと思っていましたが、緋の目を使う手がありました。

 

今回、一番のツボだったのはミザイストムのこのセリフ…

コーヒーをもらえるか?

ミルクはオレが自分で入れる

丑(牛)だけにって事ですが、そこまでするとは・・・(笑)

 

あと、ミザイストムの能力について、前回の会長選挙でキレるカンザイに対してこんなセリフがあります。

長引くって言ってんだろ

「警告」だカンザイ

おそらく、「警告」というキーワードが能力の発動条件ってことでしょうね。

 

そう言えば、十二支んになるとコードネームが付きますが、キャライメージから言って「レオリオが亥でクラピカが子」で間違えなさそうですね。

(あえて逆っていう事もあるのでしょうか…)

 


いかがでしたでしょうか。

レオリオはともかく、クラピカが登場してしかも十二支ん入りするとは思いませんでした。

さすがに長期休載後だけあって、かなり練り込んだ話になってますね。

何かありましたら、コメント下さい。

シェアも大歓迎です。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です