Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

稲田朋美大臣が直筆の「内閣法制局」を書家が判定!評価は?


女性ながら保守論客として、国会議員として民主党政権時代にも鋭い質問や発言をしている稲田朋美大臣。

書道でも鋭さを見せつけたかというと…

 

稲田大臣直筆の「内閣法制局」

5月30日に発足したばかりの内閣法制局。

その入口に設置する看板を、稲田朋美大臣が直筆しフェイスブックに公開しました。

 

ただ、その看板が思わぬ波紋を呼んでいます…

 

稲田朋美大臣 内閣法制局

 

いろいろと感じるところはあると思いますが(笑)、まずはプロの書家の評価を…

 

書家 夕凪の評価

美人書家として知られる夕凪さんがこの字を鑑定しました。

その鑑定結果は主に以下の2点です。

  • 「内」「閣」が尻窄みで、自身の不安定さを示している
  • 「事」が非等間隔で、直感で動く性格を示している

 

また、総評として…

バランスに癖があり、一般ウケはしないでしょうね。

見た人に不安を感じさせるかもしれません。

と評しました。

 

大臣とは言え、素人相手になかなか手厳しいですね。(笑)

 

ただ、個人的に気になったのは、どちらかと言うと次の2点です。

  • 縦のセンターラインがとれていない(文字の中心線がバラバラ)
  • 「人」「局」の左ハネが極端に短い

特に、後者の左ハネが短い字を書く人は、人前に出るのが得意ではなく地味な人が多いようです。

 

そう言えば、稲田大臣のゴスロリのイメージが天然でしたね…

稲田大臣 ゴスロリ

 

ネットでの評判は?

ネットでの評判はこんな感じでした…

「一言でいうと下手だな 」

「こんくらいプロに書いてもらえよ」

「普通に下手。 書家が山ほどいるんだから、プロに仕事を回せよ。」

「無駄な金使うよりマシ 」

字に関してはイマイチ良くない評価ですね。

 

ただ、一方で気になる評価もありました。

「文化庁よりマシ」

 

で、その「文化庁」とは…

 

文化庁

 

これは、金属にそのまま筆で書いたのでしょうか…

ただ、字自体はかなりバランスがとれた上手い字なので、プロの作品かもしれませんね。

(プロだとすれば、これで納得したのが不思議ですが…)

 

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

こういう記事を書いたものの自分もかなり字が汚いので、あまり人の事は言えませんが。(笑)

何かお気付きの点がありましたら、コメント下さい。

また、ツイッターなどでのシェアも大歓迎です。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です