Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

【ハンターハンター考察】暗黒大陸とはどんな所?展開を予想!


前回の記事、前々回の記事では暗黒大陸編の登場人物について予想しました。

まだ、予想していない重要キャラはいますが、一旦置いておいて「暗黒大陸」そのものについて、予想してみようと思います。

 

暗黒大陸とはどんな所?

32巻の最後の方で、十二支んのゲルが暗黒大陸についてこう言っています。

様々な異人類が存在していて魔獣も元々は外から来た…

つまり、人間のような知性を持ち言葉を話すような生き物がいると言うわけです。

 

そうなってくると…

  • 力が支配するような世界で、大体3つの国(グループ)に別れて勢力争いをしている。
  • ゴン達のいる世界へ進出できない理由は結界があるからで、特に強い者ほど結界に阻まれる。
  • 結界を破るには、人間界側から念能力「次元刀」で切り開く必要が…

これだと、幽遊白書の魔界そのままで、面白くも何ともないですね。(笑)

 

さすがに、大幅に違う設定を期待しますが、どちらにしろこういう展開になるのではないでしょうか。

 

金色のファルコ型

漫画「北斗の拳」に登場した元斗皇拳の使い手のファルコ。

主人公のケンシロウと互角の死闘をする程の実力者でしたが、次章の「修羅の国」で無名の雑魚キャラに瀕死の敗北。

修羅の国の凄さを印象づける役目を見事に果たしました。(笑)

 

このように、それまでの強いキャラが新しい世界の雑魚キャラにやられるパターンは結構王道ですね。

 

で、ハンターハンターに話を戻して、暗黒大陸でファルコになるのは誰かというと十二支んの誰か(複数あり)が最も可能性が高いように思います。

ジンでも十分役目を果たせますが、今後の物語への影響を考えると、ここで潰すのはもったいないのと、強さをまだ見せきれていませんね。

 

ただ、十二支んが配下の熟練ハンターと共に行く可能性があって、熟練ハンターの演出次第ではファルコ役を演じることができるかもしれません。

既知のキャラだとモラウ、ノヴ辺りがアブナイですね…

(特にモラウは読者を揺さぶる効果が高いので。)

 

ロギア系の登場?

これも別の漫画からですが、ワンピースに登場する自身の体を火や氷などに変えられるロギア系の能力者。

フェアリーテイルでも、似たようなキャラが結構登場していますね。

 

念能力を使ったとしても人間がロギア系のような身体に変化するのはほぼ不可能ですが、暗黒大陸の異人類や魔獣の中にはそういうキャラが登場するかもしれません。

実際に、キメラアントのプフーはロギア系に近い能力を持ってますし、ユピーもかなり自在に身体を変化させることができていましたからね。

 

なので、ハンターハンターでも「vsロギア戦」という展開になることも考えられます。

 

新たな念能力の概念

暗黒大陸との交流は200年以上前になくなったという設定なので、暗黒大陸の住人が念能力を独自に進化させている可能性もあります。

 

今までは、念能力的に未熟なゴンが念能力を覚えていくストーリーだったので、念能力の概念自体は既知のものとして師匠などから一方的に解説されてきましたが、暗黒大陸編では想像外の念能力を推理したり、逆に暗黒大陸の住人が念能力についてどこまで知っているかを推理するような展開も考えられます。

 

キメラアント編で、念能力の概念としては目新しいものが登場しなかったので、作者側に説明し尽くした感があるかもしれませんが…(笑)

 

可能な限り突飛にならないように推測してみましたが、いかがでしたでしょうか。

もし意見があればコメント下さい。

応援のメッセージも大歓迎です。(笑)

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です