Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

日米首脳共同会見のポイント。尖閣、TPP、ウクライナ、靖国


昨日(4月23日)から来日している米オバマ大統領と日米首脳共同会見が迎賓館で行われました。

今回は、この会見のポイントについて尖閣問題、TPP、ウクライナ、靖国参拝の4つを取り上げて、大手メディアでは言えない所まで考察してみたいと思います。

 

尖閣問題で米大統領が初めての…

中国が領有権を主張していて日本の施政下にある尖閣諸島について、米大統領としては初めて日米安全保障条約の範囲内であり中国からの侵攻にはアメリカ軍も対応すると明言しました。

 

日本の記者から「尖閣についてのこの発言は米大統領としては史上初ですが、なぜこの発言をしたか」との問いに、オバマ大統領は。。。

別に目新しい話ではなくて、ベーゲル国防長官などもそういう発言をしていた。

と、「米大統領としての史上初であること」については、やんわりかわして回答。

ただ、領有権については当事者に任せるとも発言していました。

 

アメリカとしては、中国の軍事的な挑発や侵攻には対応するけど、あまり強く回答できないのは中国との関係を考慮しての事でしょうね。

中国海軍の尖閣侵攻や挑発に対してクサビを打てただけでも、今回の発言はかなり意味があったと思います。

 

TPPは閣僚が継続審議

TPPについては、まだ折り合いがつくまでには時間がかかりそうですね。

具体的な交渉内容については、両首脳とも明言しませんでしたが、それぞれの発言内容はこんな感じでした。

 

【安倍首相】TPPは法の支配などの普遍的な価値を共有するために重要

安倍首相の発言は、もっぱらTPPがアジアの経済圏を構成する上での重要性について説いたもので、「関税とか損得みたいな卑近なものではない」と言いたげでした。

今回の交渉は、もし妥結するなら日本側も結構譲歩をする必要がありそうなので、それに対する批判への布石を打っておいたとも取れそうです。

 

さすがに、米大統領を目の前にして「バラクが折れてくれないんだよ…」とは言えないですね。(笑)

 

【オバマ大統領】日本は経済発展したいなら改革する必要がある

質問が「日本には豚肉などの関税で譲れない部分がありますが、どうすれば良いか」という感じだったので、説教じみた回答になりました。

まぁ、オバマ大統領は交渉権限すら取れていないので「大丈夫、何とかなるさ」的な回答はできなくて責め口調になったのもあるかもしれませんね。

 

ウクライナ問題はアメリカがリーダーシップを…

ウクライナ問題について、オバマ大統領は追加制裁を準備しているという感じの回答のみでしたが、安倍首相への「ウクライナ問題はどうやったら解決できるか」という問いへの回答が…

G7の一員としてオバマ大統領のリーダーシップのもとに対応していく

と言う内容でした。

要するにフォロワーとなって積極的には制裁しないよっていうことですね。

 

ロシアとは北方領土を巡っての交渉に悪影響を与えないためにも、聞く人が聞けば(?)消極的だというメッセージを敢えて出したんだと思います。

上手いですね。(今後、騒がれなければ。)

 

靖国参拝についての説明

アメリカ側の記者から安倍首相に「靖国参拝と東アジアの秩序」について質問がありました。

これに対して安倍首相は「全ての戦没者に対して祈りを捧げたもので、不戦の誓いを新たにした」と従来通りの主張をした上で、「東アジアの秩序」については「多くの東アジアの国々が賛同してくれている」と回答。

「多くの=全てではない」という意味では、間違ってはないですね。(笑)

 

これについては、第一次安倍政権が終了してから安倍首相がずっと悔やんでいた「宿題」だった訳で、「騒ぐのは内政干渉だ」と言いたいかもしれませんが。。。

 

おわりに

直接会うことで日米の関係がより強固になって良かったと思います。

ただ、共同会見の後の昼食に誘った安倍首相に対し、オバマ大統領は「No. Thank you!」と返したとか。

昼食は別々にとることになったそうです。

両首脳の関係については、強固さをアピールできなかったかもしれませんね。。。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です