Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

韓国の旅客船が珍島沖で沈没!被害者多数の原因と韓国の反応は?


4月16日に韓国の旅客船が珍島近くの海域で沈没した件で、現在も救助活動が続いています。

運悪く300人以上の修学旅行生を載せていたことから、多数の行方不明者が出ていて安否が気遣われる一方で、沈没した海域は潮の流れが速いことから捜査は難航しているようですね。

ただ、今回の事故で特徴的だったのが、船外や船内の事故の様子が映像や画像で報じられている点で、特に分からないのが転覆中の船の舳先の部分に衝突の後が見られない点です。

徐々に判明していくとは思いますが、なぜ沈没し、なぜ被害者が多数出たのでしょうか。。。

 

沈没の原因は?

今回沈没した旅客船「セウォル号」の船長は、事故当時の状況についてこう話しているそうです。

暗礁への衝突ではない。突然沈んだ。しかし正確な原因は分からない。

また、救助された乗客は事故当時に「大きな衝撃音が聞こえた」と証言。

 

ただ、実際には当時の視界は良好で付近の海域に目立った暗礁はなく、転覆中の船の映像からも船底に目立った穴などが無いので何らかの物体が衝突したとは考えにくいようですね。

ちなみに、事故の第一報を聞いた韓国のネットユーザーは事故自体を疑いながらも「北朝鮮の仕業」とする書き込みがあったようですが、どうやらそれも違いそうです。

 

現在は、急激な方向転換により貨物が偏りバランスを崩したとの説が有力視されていますね。

実は今回沈没した旅客船の船長は、本来予定されていた船長ではなく代理の船長だったことが分かっているのと、出発時の濃霧で2時間近く遅れていたことから、慣れない海域を焦って運転していた可能性がありそうです。

 

救助活動に問題が?

今回の沈没により多数の被害者が出ていますが、どうやら救助活動などに問題があったようです。。。

 

「動かないで」とアナウンス

事故発生直後、乗客に対して「その場で動かないで」と待機の指示。

ただ、実際は待機の指示に従わずに、ライフジャケットを装着して船外で待機した人のみが救助される結果となりました。

 

乗客の混乱を避けるために待機指示をするのは妥当でしょうけど、その後には必ず脱出の指示が無くてはいけませんね。

ただ。。。

 

船長が真っ先に脱出

実は、最も迅速に脱出したのは船長でした。

しかも、もちろんその後の乗客に対する脱出指示もなしです。

 

そうなると、自分が脱出するために意図的に待機支持を出したと勘ぐりたくもなりますね。。。

 

船を改造して客室を増設?

また、今回沈没した旅客船は元々日本で就航していた船だったそうです。

 

まずは、日本で就航していた当時の画像を。。。

maruAline1

 

次に、今回沈没した旅客船の画像。

sewol

 

ただ、両方の画像のよく見比べてもらえると分かりますが、船の上部後方にある救命ボートの部分がなくなり、客室が増設されていますね。

別の角度からだと。。。

sewol

この右側の茶色い箇所です。

 

今回の沈没事故にこの増設がどこまで影響しているかは今後の分析で明らかになると思いますが、こういった効率化によって安全が犠牲になった可能性もあるかもしれませんね。

安全で被害を最小限に留める運用をするには、日本製の物を使うだけでは足りないようです。。。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です