Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

小保方氏のSTAP細胞論文騒動で誰が得をした?メディア?理研?


4月9日にSTAP細胞の件で小保方晴子さんが会見を行いました。

数日後の現在、メディアでは「専門家による分析と解説」のフェーズに入っていて、当分は各方面の専門家の会見に対する意見が報じられていますね。

ただ、メディアでは報じられないようなことや、例えば科学者の立場からは言えないような事もいろいろあるでしょうから、今回はそういうところを突いていきたいと思います。(笑)

 

もしメディアに大々的に取り上げられなかったら…

今回の論文に対する問題が発覚するまで、理化学研究所の広報もあってメディアでは「世紀の大発見」として大々的に報じられました。

ただ、研究者が若い女性であることから報道は研究内容に留まらず、「理系女子の時代だ」とか「割烹着で研究をしている」とか「研究室の壁紙がピンク色」とか小保方さん自身への報道に発展。

一躍、女性研究者のスターに祭り上げられてしまいました。

 

その後、今回の問題が発覚。

スターから一気に被告人にような扱いに急落し、小保方さんは「STAP細胞の存在が証明できなければ研究者生命が絶たれるかも」といった映画かドラマみたいな話になっています。

 

もし、STAP細胞の研究自体がそこまで取り上げられなかったらどうだったでしょうか?

 

当然ながら、もし論文に問題があったとしてもNatureには掲載され、後で問題が指摘されたとしても記者会見を開くほどの問題にはならず、研究内容を含めて間違いを正す論文が提出されるかトンデモ論文として放置されるかですね。

また、もし小保方さんの勘違いか何かでSTAP細胞が存在しなかったとしても、理研がタイミングをみて研究を中止させるだけの話で、小保方さんは他の研究でもしている事でしょう。

 

そもそも、STAP細胞の発見は評論家が「ノーベル賞数回分に匹敵する」位の偉業だというくらい、逆に言うと斬新で先進的な発表なので不確定要素が多くて当たり前な話なのです。

 

Natureも結局は一つの雑誌に過ぎないので、厳密には執筆者が掲載前に内容が正しいかどうかを保証する義務はないですし、そもそもトンデモ論文も結構出てますからね。。。。

 

Natureにはトンデモ論文も?

Natureには、分野が違いますが鳩山由紀夫元首相も論文を投稿していて、これについてはこの記事が詳しく解説しています。

少し抜粋すると。。。

この批判記事のなかで、不思議な記述がいくつか、散見している。
 ①「日本の政治家が世界に発信した極めて珍しい例だった」
 ②「何しろ、科学に基づかない記述が目につくのである」
 ③「コープさんは『水素が存在して水素爆発が起きた。なぜ核爆発を議論するのか理解できない』といい・・・」
 ④「『核爆発』という言葉をどういう意味で使っているのかはっきりしないのだが・・・」

鳩山さんのキャラクターについては周知の事実(?)だと思いますが、東大工学部卒でスタンフォード大学の博士課程を出ているバリバリの理系なので、科学的な知見は持っているはずで、それなのに水素爆発と核爆発を混同しながら自身の主張を展開。

キャラクターからか、もちろん今回の小保方さんのような騒動にはなりませんでした。

 

誰が得したのか

まず、確実にメディアは得しましたね。

「STAP細胞を若い女性研究者が発見」と盛り上げた段階でも集客できて、今回の騒動でも注目される。

まさに「一粒で二度美味しい」です。

このブログでも、記事にしているので他人の話ではないのですが。。。(笑)

 

もちろん、盛り上げた段階で落ちることまで想定していたわけではないでしょうけど、「(これだけの騒動を起こしたのだから)全てを公開すべき」と世論を誘導しているのは「ネタをくれ」と言っているように聞こえます。

 

理化学研究所については、欲を出してしまって結果的に損をしてしまいましたね。

そもそも、理研が大々的に広報活動をしたのは国からの補助金の話もあって、すごい研究が行われていると知らしめたかったのですが、今回の騒動で「とかげの尻尾切り」と揶揄され責任問題や組織構成の問題まで問われるようになってしまいました。

 

小保方さん自身については、STAP細胞が見つかればまさに一発逆転ですが、研究者として静かに研究したかったのではないでしょうか。。。

他の研究者の人もミソをつけてしまいましたね。

 

最後に、一般的なメディアの報じ方は「小保方 VS 理研」と対立を前提としていますが、小保方さん自身は「今まで通り理研でSTAP細胞の研究を続けたい」というのが本音でしょうから、単純な対立構造ではありません

ただ単に、理研側が「組織へのダメージを軽減するために、小保方さんに責任をくっつけて切りたかったけど失敗しそう」っていうだけの話です。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です