Another Eye 〜トピック考察・解説〜

気になったトピックについて独自の視点で考察・解説するブログです。 ハンターハンターの考察をはじめました。

By

【調査捕鯨に違法判決】捕鯨問題の感情的な部分について考察


2014年3月31日に、オランダのハーグにある国際司法裁判所で日本の調査捕鯨についての判決が出ましたね。

判決内容は「日本が行っていた南極海での調査捕鯨が研究目的から逸脱しているため停止するように」というもので、日本政府も「残念であるが判決には従う」と表明。

今後は、捕鯨禁止の方向になっていきそうです。

 

そこで、今回は「捕鯨問題」をテーマに、この問題がどういう構造なのかについて考察していこうと思います。

 

捕鯨問題って納豆問題と同じ?

経済的・政治的な利益などは一旦置いておいて、感情的な観点から捕鯨問題をみると両者の主張はこういう事になりますね。

 

<捕鯨反対>

クジラを食べるなんて、そもそも野蛮で気持ち悪い。

犬を食べるとか言っているのと同じ。

 

<捕鯨賛成>

嫌なら食べなきゃいいじゃない。

人の食べ物にあれこれケチをつけるな。

 

かなり単純化していますが、こういう感情が根底にあるから「クジラは賢いから食べてはいけない」とか「漁のやり方が残酷だから…」みたいな話が出てくるわけです。

 

実はこれって、よく分かる問題に置き換えると、納豆が嫌いな関西の人と関東の人との口論に似てますよね。

 

<関西>

納豆を食べるなんて、そもそも野蛮で気持ち悪い。

腐ってるものを食べるとか。。。

 

<関東>

(そもそも、腐敗と発酵は違う。。。)

嫌なら食べなきゃいいじゃない。

人の食べ物にあれこれケチをつけるな。

 

実際には、関西の人が関東の人に「納豆を食べるな」ということはあまりないのですが、これは単純に文化的な違いです。

欧米の人は、良い意味でも悪い意味でもおせっかいなところがあって、悪いと思うと止めずにはいられないという傾向があるからですね。

 

こう考えてみると、捕鯨問題について反捕鯨側が思っていることに、同意はできなくても理解はできるのではないでしょうか。

 

ただ、もちろんこういった感情的な問題だけではなくて、経済的・政治的な意味で利益構造が絡んでいます。

だから、鯨肉を売る事自体は儲からないのに政府が補助金をつけて調査捕鯨を続けていたり、わざわざシーシェパードが捕鯨船に手荒い邪魔をしに言ったりするわけですね。

この件については、こちら記事で改めて考察します。

こちらの記事も併せてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です